塾必要なし
ホーム > おすすめ > 1度だけで勝てる確率

1度だけで勝てる確率

外為の経験の浅い方がマーケットの要を押さえるには、最初に実戦を重ねる事が大切です。

 

とりわけ、直前に危機を回避できるようにするには、間違いを重ねる事も経験のひとつです。

 

当然、間違いをするといってもやり直しが効かないほど決定的な負けをする事は問題外です。

 

ちょっとしたケアレスミスを積み重ねることが最終的に自分の経験を増やしてくれる。

 

こう考えるとまず最初は少額資金で投資して、これによって何回か取り返しが付く損をすることが大切です。

 

100万円しか投資する余裕が無い場面ではじめから全額投入して取引すると、失敗した時、今後取り返せない心配があります。

 

そうであるならば、資金の10%ずつ小分けして売買して、これによって売ったり買ったりを経験した方が、間違いを補う技術なども習得するはずです。

 

少額で売り買いする事の長所は、先に書いたように経験値を増やし、マイナスをコントロールする技術を学習していく事にありますがそれと合わせて、エントリーの回数を重ねて、偶然を削減する事ができるという価値もあります。

仮定として、1度だけの売り買いで勝てる可能性が50%とします。

 

言い換えると、同じ確率で損が生じる危険性もあります。

 

勝率5割ということは。

 

半分半分の確率で勝利できる事を意味している。

 

だけど、全部の資金を使って1度のみの売買をするということは、勝ちか、負けのいずれかになってしまう。

 

このままではたんに1度の丁半バクチと同じです。

 

結局のところ、全財産をつぎ込んで1回こっきりの売買しないとそれだけ損が生じる可能性が高くなってしまいます。

 

それだけに、お金を1度に全部つぎ込むのではなく、いくつかに分割してチャンスを多くすることがリスク分散となる。

 

同時に数回に分けたとしても、全てのエントリーで勝つ必要はありません。

 

勝つことが出来ないのが実際です。

取引で重要なのは、どのくらい利益を出すかです。

 

勝率が同じでも例えばそれ以下でも稼ぐ事は出来ます。

 

負ける確率が高くてもマイナスが少額ならばわずかな勝ちの儲けの大きさで上手に利益を上げる事が出来ます。

 

そのために必要な事は、損失を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損したら間髪を入れずロスカット注文してそれとは反対にプラスになる場合には上手にプラスにする事がFX取引ビギナーが為替で利益を上げる手段です。