塾必要なし
ホーム > 注目 > エレベーターのセーフティーシューとは?

エレベーターのセーフティーシューとは?

エレベーターは、誰もが安全安心に利用できるように、様々な安全装置が備わっています。

その中のひとつに、ドアの先端に設置しているセーフティーシューがあります。

名前自体はほとんど知られていませんが、ドアに触れたときに内側に凹む装置で、誰でも一度は見たり触ったりしたことがあるでしょう。

セーフティーシューが一定の長さだけ凹むことにより、閉まりかけのドアが反転するようになっており、たとえば慌てて乗り込んだ人がいたり、物がエレベーターからはみ出してしまっていたりする場合に、安全性の観点からドアが閉まらないようになります。

 

エレベーターの故障


ただし、洋服の端っこや細いロープといったものは、セーフティーシューが作動するほど動かないことが多いので注意しましょう。